小さな引越し

荷物の量が少ない、ダンボールだけ、家具だけ、距離が近いなど…

ヤマトの引越しスタッフ

 

小さな引越しで済むような荷物の量の方は、できるだけ安い費用で抑えたいですよね。

 

それでは、どの業者の小さな引越し便が一番お得でしょうか? あるいは、ダンボールだけ、家具だけなどのプランもあるのでしょうか?

 

引越し大手各社の小さな引越しプラン(一例)
  • クロネコヤマト:単身引越サービス

    輸送量にぴったり合わせるので無駄なく安心! 関東エリア以外の同一市区内なら、13,650円〜

  •  

  • 日通:単身パックS・L

    単身パックSは、冷蔵庫、薄型テレビ、テレビ台、電子レンジ、掃除機、カラーボックス、姿見、布団、ダンボール4箱くらいの荷物が目安。Lサイズは一回り大きくしたサイズです。

  •  

  • アリさんマークの引越社:ミニ引越しプラン

    ダンボール10個までの超ミニプランから、ダンボール20個まで+テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・自転車など、たたみ3畳ぐらいの広さに入る量まで3種類のプランあり

  •  

  • ダック引越センター:ひっこし定額パック

    トラック1台とスタッフ2名のパック料金で18,000円! そのほか、家具だけプランなどもあり

 

ヤマトの単身引越サービスのトラック

 

まだまだ、他の業者にも小さな引越しに向いたプランが用意されています。

 

ただし、注意しなければならないのは、こうした小さな引越しプランの中には、同一市区内限定や、対象エリア限定、他の人と混載便で日にちを指定できないなど、様々な制約がある場合がほとんど。上記のプランにも全て細かな制約があります。

 

ですので、自分の引越しの荷物の量・距離など含めて、調べてから比較しなければなりません。

 

しかも、一番安い業者を探すなら、何社か見積りしてもらう必要があります。これではちょっと面倒ですよね。そこでおすすめなのが、引越しの一括見積もり

 

このサービスは、パソコンやスマホから簡単な情報を入力するだけで、複数の業者から見積もりをもらえるというもの。もちろん、あなたの荷物の量や距離に合わせた、小さな引越しにあったプランも提案してもらえます。

 

アリさんマークの引越社のダンボール

 

参加していている業者には、上記に挙げたクロネコヤマト、アリさん、ダックも含まれます。その他、日通、サカイ引越センターや佐川などの大手から地域密着の中小業者まで!

 

あとは、各社から出てきた見積もりやサービス内容を比較して、一番条件の良い業者にお願いすればいいだけ。これなら、最小限の手間で、確実に一番安い業者を見つけられちゃいますね。

 

 

引越しの一括見積もり → 120万人以上が利用した人気サービス!

 

 

利用は完全無料です。もちろん、希望に合う業者や、小さな引越し便が見つからなかった場合は、どことも契約する必要はありません。

 

とはいっても、このサービスを利用すれば、業者さん同士が安い見積もりを、勝手に競い合ってくれるので、単独で見積もりや問い合わせをした時よりも、引越し料金かなり安くなる可能性が大! だから、満足できる格安見積もりをもらえるはずです!

 

小さな引越しで済ませたい方は、ぜひ、このサービスを利用してみてください。交渉が苦手な人にもおすすめです!

クロネコヤマトの単身サービス 体験談

 

4年位前の大学卒業時に京都のアパートから実家の高知へ引っ越す際に、クロネコヤマトの単身パックを利用しました。入学時には少量だった荷物も、4年間住んだこともあって荷物も増えました。京都で買い揃えたベッドやテレビ、冷蔵庫など郵便局の小包で送れないものもあったので、ヤマトの単身パックを利用したほうが安くて一度に済み、簡単だったからです。実家からわざわざ両親に引越しを手伝ってもらう時間もありませんでしたので。荷造りに必要な資材は自分でスーパーなどからかき集めなくてはいけませんでしたし、荷造りも自分でしなくてはいけませんでしたが、別に難しいものではありませんでしたので、時間の空いた時に少しずつ荷造りしていきました。こういった作業は割と得意な方でした。それよりも、大きな家具を楽々運んでくれるほうが助かりました。エレベーターが無い、3階建てのアパートだったので、少量の家具の小さな引越しとは言え、狭い階段を上り下りするのは大変だったと思います。実家に到着時も時間指定以内に到着してくれましたし、家の中まできちんと運んでくれました。家具に目立った傷とかも無かったです。クロネコヤマトのスタッフも丁寧に仕事をしてくれたと思いますし、私は割引サービスも使えたので大変満足しました。(20代・女性)

引越し業者ごとのプラン

小さな引越し便、または小さな引っ越し、ミニ引越しなどと称される一人暮らしや単身者向けの格安プランは、各社にあります。ここではその一部について紹介します。節約したいなら、上記で紹介した一括見積もりをおこなったあと、こうした専門業者にも問い合わせしてみるのがおすすめです!

 

なお東京、千葉、埼玉、神奈川などの首都圏、札幌、大阪、名古屋、福岡など全国は大手が中心で、中小は一部地域に限定されている場合もあります。また、小さな引越しは、近距離が中心で長距離はあまりありません。この点も注意が必要です。

 

ヤマト運輸の小さな引越便

ヤマト運輸の小さな引越便は、らくらく家財宅急便として生まれ変わり、現在は、サービスを行っていません。らくらく家財宅急便は、大型家具・家電を単品輸送するサービスですので、複数の荷物がある場合には向きません。

 

ヤマト運輸の小さな引越便
公式サイト http://www.008008.jp/

 

赤帽の小さな引越便

 

小さな引越しに適しているのが、赤帽ということはご存知の方が多いはずですが、頼んだことがないとぴんと来ていないことも確かでしょう。イメージとしては、6畳一間くらいのことであれば、小さな引越便ということで軽トラで輸送してくれる赤帽が頼りになるという感じです。運送担当のドライバーの方々が全国各地の営業所に配置されていますので、赤帽で検索すればすぐ見つかります。

 

ただし、赤帽の小さな引越便は、クロネコヤマトや、テレビなどでPRしているアート引越センターやサカイのような引越し屋さんと比較すると、サービス内容が異なります。食器専用のパッケージや、衣類のハンガーボックスなども、原則ありません。通常、追加サービスで、洗濯機の設置とかエアコンの取り付けなどもありません。引越し先の共有スペース、部屋の養生も、大手のような完璧なものではありません。家電や家具の梱包用のクッションなどは、毛布とか熱い布とか、何度も使われたダンボールといった具合です。荷物の積込みや積み下ろしなど、担当ドライバーさんが一人で作業を行ったりすることもあるので、依頼人のあなたが手伝いをしたというケースもよく耳にします。。当然のことながら、何かキャンペーンの記念品ということも期待できません

 

でも、優れている点で決定的に違うのは、家庭的な細かい心遣いとかゆいところに手を届けてくれるところです。ちょっとした心遣いが、身内のような感じで行われることです。「荷主の心をはこぶ」というキャッチフレーズを思い出します。もちろん、小さな引越しというだけあってお値段は比較的少なくて済みます。多くの事業主さんは、ご夫婦などの少人数で行っていますので、それなりに力仕事は心配なこともありますが、あらかじめ品物の概要を連絡しておけば、適切な対応をしてくれます。要は小回りが利いて、多少のわがままも受け入れてもらえるということ、そして家族のような気持ちでお客様に接してくれることがとてもいいのです。

 

赤帽の軽トラ
▲ 赤帽車の写真

 

赤帽の小さな引越便

 

赤帽ひかりサービス/赤帽大場運送店/赤帽タカオ運送/笑顔まつもと運送店/赤帽篠原運送店/今村運送店/清急便/スモールキャブ急送/フリーダム運送/ビジネスサービス総社/赤帽いいとも/赤帽クリスタルサービスほか

 

ケートラックスの「シェアハウス引越プラン」と「大きな荷物ありのプラン」の詳細

ミニ引越しのケートラックスは、少量荷物の運搬を専門に行っている軽貨物運送業者です。軽トラック1台につき運転手兼作業員1名が基本となっており、東京都内や東京都に隣接している神奈川(横浜・川崎)・埼玉などから近県への運搬に対応しています。訪問による見積もりは行っておらず電話やメールでの見積りのみになり、梱包や箱詰め・新居での荷ほどきサービス・ダンボールの提供なども行っていませんが、その分格安な料金での対応が可能となっています。

 

少量荷物の小さな引越しに特化

小さな引越し便のツイッター

ミニ引越しのケートラックスで用意しているプランには「シェアハウス引越プラン」と「大きな荷物ありのプラン」があり、シェアハウスや実家からワンルームへといった少量荷物の場合には「シェアハウス引越プラン」がおすすめで、これは縦・横・高さの合計が160cm以上の荷物がないことが条件となっています。

 

また「大きな荷物ありのプラン」は縦・横・高さの合計が160cm以上の荷物が2個までと、それを含む荷物15個以内までの運搬を行うものですが、冷蔵庫やドラム式洗濯機・ベッドなどは対応できない物もありますので確認が必要です。どちらも料金は時間によって分かれている基本料金と、コインパーキング・高速道路利用時は別途に実費や走行距離40km以上の場合には追加料金が必要になります。

 

小さな引越し便のツイッター

 

ケートラックスは「小さな引越し便」という名前でツイッターのアカウントを展開しています。「今日の小さな引越し便は、世田谷区から武蔵野市までの小さな引越しでした。」というような情報を毎日のようにツイートしています。検討中の方は、事前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

小さな引越し手伝い隊 天晴運送

横浜・川崎の小さな引越し手伝い隊 天晴運送には、最安プラン小さい引越しが9,800円から。そのほか、学生・単身者の方や夫婦・カップルにおすすめのプラン、女性作業員が手伝いをしてくれるプランなどあります。

 

横浜、川崎の近距離のため安く、使用しているのは、貨物軽自動車(軽トラ)のみで最大積載量は全車両共通で350kgとなっています。レンタカーを借りて自分でやるよりミニ引越しなら、専門業者にお願いするほうがおすすめです!

 

キューピー引越センター

荒巻運輸の展開するキューピー引越センターは、東京都調布市の業者です。拠点は、東京・神奈川・埼玉・千葉となっています。

 

軽車両のほか、2t車、2tロング車も用意していますので、小さな引越し以外でも利用できます。基本料金+ドライバー+作業スタッフで引越し料金が決まります。

 

大手なら安心のポイント

 

中小業者の小さな引越しもおすすめですが、大手はやはり安心感が高い傾向にあります。無料でもらえるダンボールの頑丈さも違ったりします。また、オプションも充実していますl.

 

オプションが充実しているのが大手の引越し業者の特徴です。例えば、エアコン取り外し。トランクルームでの荷物の保管サービス。ペット輸送など、小さな引越しであっても、必要なオプションってありますよね。
また、ミニ引越しプランとなると、市内や首都圏から近郊都市くらいがメインで、長距離引越しに対応しているものがほとんどありません。ですが、大手の1トントラックなどでのチャーター便なら、費用を押させることが可能です。